道場

2020年6月18日 (木)

6月17日の宜野湾将棋道場

出先からの戻り道、今月の月謝を納めてないことに気付いて、寄り道して道場へ。
うだるような暑さの平日の昼下がり、さすがにまだ誰も来ておらず、席主がせっせとぞうきん掛けの真っ最中。アイスコーヒーを飲みながら、しばし雑談など。近頃の藤井七段の活躍で、将棋を習いたいという子が増えているらしい。今日も体験で小学生が来るそうだ。

頃合い見計らって「一局指しますか」と誘われたが、女流王位戦・第3局の勝負の行方が気になっていたので、その棋譜を並べて二人で検討会を始めた。カトモモ応援団としては、里見女流王位へ一矢報いるべく頑張って欲しいが、う~ん、厳しいかな。

西山・里見の最強ツートップに食い込むべく果敢に挑むカトモモには、ぜひひとつタイトルを取ってほしい。2人の勝負の行方が気になったが、夕刻前にお暇した。また週末に来ますね。

 

 

Dsc06207s

 

 

PS/里見女流王位の防衛になりました。

 

 

2020年5月31日 (日)

宜野湾将棋道場が営業再開しました

本日(5/31)は営業再開のお知らせを受けて久しぶりに道場へ。コロナ禍による営業自粛からおよそ2ヶ月ぶりの再開になります。新春将棋大会の会場で配布した道場新聞で「2020年は平日もオープン!」と告知されていたように、今年は「攻めの経営」で挑む方針のようでしたが、まさかこのような事態になるとは。

今は一刻もはやく特効薬が開発され、世界中にワクチンが供給されることを願うのみ。小池都知事が宣言した「ウィズ・コロナ」の時代がしばらく続きます。感染防止を前提とした「新しい生活様式」で過ごしながら、道場に通いたいと思います。

 

Dsc06042s

 

まずは入り口で席主による検温から。

 

Dsc06043s

 

こまめにアルコールで拭き拭き。手洗い励行。

 

これまで土日は満席でしたが、これからは事前予約制になり、入場に制限が設けられました。密にならないようにテーブルも間隔を開け、座席スペースも広くなりました。今までは子供達のおしゃべりでにぎわっていましたが、今日の静けさはまるで図書館のよう。大塚席主にお話を伺うと、「休みの間もしっかり勉強していた子はかなり強くなっている」とのこと。大会がないことでモチベーションがダダ下がりの、ぷりうすとは大違いです。頑張る子はいつも頑張っているのでした、反省。

 

Dsc06039s

 

奥の方ではTVカメラの取材がありましたが、これについてはまた後日。

 

PS/再開にあたり、道場独自の感染予防対策の取り組みがHPに掲載されていますので、お出掛けされる前にご一読下さい。

 

 

2020年2月13日 (木)

2月11日の宜野湾将棋道場


Dsc05301s

建国記念日の休日はお昼過ぎに道場へ。今年から公休日も開けるようになって、将棋を学ぶには恵まれている。苦手な筋違い角を小学生の先生方に付き合って頂くが、まったく勝てない。3手目角交換振り飛車を得意戦法にするには、克服しなければならないので、特訓あるのみ。

来場者が15人になったところで、急遽トーナメントの開催。持ち時間なしの一手60秒の早指し戦に決まった。初戦は飛車・香落ちの上手で勝ち。次戦は平手戦で勝ち。いけいけどんどんとペースに乗って、強敵相手の飛車落ちの下手でも勝って、3連勝で決勝戦へ進出。だが、飛車落ちの上手を途中で悪くして、負け。

ちょっと悔しいが、準優勝でも上出来すぎだ。表彰式で100ポイントカードを賞品として頂いたが、これは使わずに将棋のお守りとして財布にしまっておく。

Dsc05304s

2020年1月11日 (土)

道場新聞をつくりました

宜野湾将棋道場で行われる、豊田杯王位戦の三番勝負の様子はこれまで記録集を作ってお伝えしていました。しかし、完成するまで数ヶ月かかってしまいます。道場の歩みを記録するという目的は十分に果たしていると思いますが、より早く情報を発信するという方針で、今年は「新聞」というスタイルに切り替えることになりました。

「道場新聞」はA3サイズの4面構成になっており、1.2面に第4期豊田杯王位戦の観戦記、3.4面に昨年の宜野湾将棋道場のトピックを掲載しています。明日(1/12)の新春将棋大会に間に合わせるべく、正月休み返上で製作しました。読み応えのある力作だと自負しておりますので、会場にてお買い求め頂ければと存じます(一部100円)。

どうぞよろしくお願いします。

 

P1150019s

 

 

2020年1月 4日 (土)

1月3日の宜野湾将棋道場


「明けましておめでとう」と道場へ。だが、席主含めて3人しかおらず。しばらくすると女子高生2名(!)がやってきて、ぱっと花が咲いたよう。「相振り飛車が分からないんです」という彼女らと、皆でわいわい研究(?)などして楽しんだ。

本日は、土曜トーナメント。お友達がたくさん来るといいなあ。


Dsc05143s

2020年1月 2日 (木)

さっそく道場へ行こうか

おせちもTVも飽きたなあ。そういえば、道場から「年始営業変更」のメールが届いていた。大会も近づいているので、出掛けよう。新年は将棋で始めたい。お友達もたくさん来るといいなあ。


  宜野湾将棋道場・年始営業のお知らせ
  1月3日(金)13:00~21:00
  1月4日(土)13:00~21:00
(HP製作会社が年末年始のお休みのため、道場のスケジュール表は更新されていません)


Dsc04858s_20200102190501

2019年12月17日 (火)

12月15日の宜野湾将棋道場

今年最後のリーグ戦。結果は散々。観戦していた高段者によると「序盤は初段、終盤は8級」とのこと、泣。確かに「王手は追う手」の逆転負けばかり。

この日、序盤の作戦勝ちは増え、手応えは十分にあったのだが、勝ちきるまでに辿り着けず。克服すべきは一手30秒に突入してからの後半戦。昇級はまだまだ遠い。自宅に戻って、ゆるり将棋会のabe氏のツイートにこんな書き込みを見つけた。

 

 

Yururi

 

 

気になる、気になるとブックオフへ。入り口近くの棚に将棋本がずらり。ほとんど2~3年以内に出版された新古本。値段は定価の2割引きくらい。そこから、「どう詰むかな?/高橋道雄(創元社)」を選んだ。

「将棋は生き物です。あらかじめ詰みとわかっている詰め将棋とくらべて、詰みがあるのかないのかを自分の力で判断しなければいけません。」

「白熱の終盤戦での詰みを考える」ところを鍛えるべきだと思い、購入。大会まで一週間。できることはやっておこう。

 

 

P1150013-2

2019年12月 5日 (木)

2019年・豊田杯王位戦3番勝負第二局を観戦しました

日曜日(12/1)に宜野湾将棋道場で第四期・豊田杯王位戦三番勝負の第二局が行われました。第一局は禰保王位が勝ちましたが、難しい局面での清水挑戦者の一手一手に光るものを感じました。今度はぜひ一矢報いて欲しいと道場へ。

年末に行われる第二、第三局はプロ棋士をお招きしていますが、今年は山崎隆之八段をお迎えしていました。先生の登場に子供も大人もびっくり。颯爽とした身のこなしや涼やかな表情に、将棋ファンなら誰でも魅了されてしまいますよね。

Dsc04903s

挑戦者の清水君はプロの先生が立ち会いを務めることを知らなかったようで、「盤を前にしてから何を指すのか考えます」とすでにガチガチの様子。禰保王位は「(清水君に)あわせて対応できればと思います。いつも通りに丁寧に指すことを心掛けます」と答えました。

Dsc04942-2s

先手清水君の振り飛車に対して禰保王位が△8四歩と指した瞬間に、観戦者からどよめきが起こりました。禰保王位の久しぶりの居飛車が見られるとあって、皆さん興奮したようでした。居飛車党と振り飛車党に分かれて更に応援に熱が入りました。

将棋は難解なまま進み、2時間を越える大熱戦が繰り広げられました。両者どちらにもチャンスはありましたが、土俵際の粘りをみせた禰保王位へ勝利の女神は微笑みました。清水君は秒読みに入ってから焦ってしまい、ほんとうに惜しかった。山崎先生が「最後の一歩のところで何を指すべきか、その牙を研ぎ澄ませることができればもっと強くなります」とアドバイス。

Dsc04984s

この三番勝負は、禰保王位が2連勝で防衛を果たしました。感想戦で「2局とも苦しい内容の将棋でした。清水君は素晴らしい挑戦者でした」と称える言葉が印象的でした。両対局者、お疲れ様。実に名勝負でした。

Dsc04898-2s

2019年11月27日 (水)

2019年・豊田杯王位戦3番勝負第一局を観戦しました

Dsc04824-2s

 

日曜日(11/24)に宜野湾将棋道場で第四期・豊田杯王位戦三番勝負の第一局が行われました。年間を通して行われたA1リーグ戦でしたが、シリーズ後半に並み居る強豪達が星のつぶし合いを演じました。レベルの高い熱戦ばかりでしたが、最終局においてそこから一歩抜きん出たのは、中学一年の清水君でした。彼が禰保王位への挑戦者に名乗りをあげました。

先日のこどもの国大会で、3番勝負に掛ける意気込みを尋ねたところ、ずばり「高い壁を乗り越えていきます」と回答。清水君は、持ち時間をほとんど使わずに指します。A1リーグの持ち時間は30分あるのですが、彼と対戦した方によると、悩んで指した手に瞬時に反応されてしまうので、やがてペースが乱れてしまうとのことです。それが、禰保王位にも通用するのかと興味がありました。

夕方、道場へ到着。去年までは椅子対局でしたが、今年は畳を敷いて正座での対局。そこに2月の王将戦那覇対局で使用された盤と駒が用意されていました。

禰保王位によると「いつかは対戦しないといけない世代なのでこちらも覚悟はしていましたし、逆に新鮮で楽しみでもあります」とのこと。

第一局は午後5時45分にスタート。禰保王位の先手向かい飛車に清水君の中飛車左穴熊の将棋でした。盤面を制圧する王位の重厚な指し回しに、清水君は苦労しながら手を作っていくという感じでした。清水君が長考の上で決断した端攻めでしたが、その反発で跳ね返されてしまい、初戦は禰保王位の勝ち。自宅で激指し七段先生に解析させたところ、中盤までは清水君が常にリードしていました。

「とにかく粘ろう」という覚悟で禰保王位も凌いでいたそうです。感想戦で「難しかった」と何度も首をひねっていた姿が印象的でした。第2、3局も楽しみです。

 

Dsc04847-2s

 

*豊田杯王位戦の棋譜と観戦記はなんらかの形で公開しますので、どうぞお楽しみに。

 

2019年11月 2日 (土)

11月2日の宜野湾将棋道場

豊田杯王位戦の挑戦者を決めるA級リーグ戦の対局が、本日行われました。普段のリーグ戦は日曜日ですが、この時期は学校行事が多く重なり、対局者の日程調整が難しくなっているとのことで、今回は、土曜日の午前から試合が組まれました。

急遽、ぷりうすがその手伝いとして、立ち会いと記録係を務めることになりました。このクラスは持ち時間30分、切れたら1手60秒ルールなので、記録なんて余裕で取れるでしょうとの楽観的な見通しもあり、二つ返事で引き受けました、笑。

初めての棋譜取りでしたが、無事に務めることができました。考慮時間の記し方が幾分怪しかったかもしれませんが、対局者を交えた棋譜チェックでも、表記に問題はありませんでした。1時間半を超える大熱戦でしたが、トップクラスの方の時間の使い方は、とても勉強になりました。禰保王位への挑戦者が誰になったのかは、道場のHPで後日お知らせされますので、お楽しみに。

Dsc04671-2s

午後1時からは、恒例の土曜トーナメント。今日は記念すべき100回目の開催日ということで、記者さんが取材に来ていました。豪華賞品に釣られて、ぷりうすも参戦。

持ち時間5分切れたら30秒の苦手な早指し戦なので、おじさんにはつらいのですが、頑張りました。初戦の角落ち戦を勝利しましたが、2回戦の飛車落ち戦で敗退。調子よく攻め込んでいたのですが、頓死筋にうっかりして、、、悔やまれます。

ということでしたが、この日も楽しく過ごしました。

Dsc04673s

より以前の記事一覧