ゆるり

2024年7月17日 (水)

7月13日のゆるり将棋サロン

うだるような暑さが続いて少々バテ気味だが、ゆるりサロンへ。

前回、いいとこなく負けたHirotakaクン(五年生)に再挑戦。この日のために棒銀対策を復習してきたのだ。彼の巧みな攻めをギリギリで受け止めて、飛車先突破だけは許すまじと気迫で指した。初段の意地を見せることはできたかな。

さて、8月大会の申し込みも一昨日から始まった。ちょっとずつ将棋の時間を増やしていこう。

0717

2024年6月22日 (土)

6月22日のゆるり将棋サロン

今週、梅雨明けした。夏らしくなって陽射しがまぶしい。

てぃるる会館の駐車場は満車だった。空くのを待っている車も多かったので、近くの有料駐車場へ移動。「ヨガ祭り」というイベントがホールで盛大に行われていたのだった。
ロビーでは物販と飲食のマルシェも開催してたので、ジーンおうちサロンさんからキーマカレーを購入。これ、とても美味しかったなあ。

0622a
0622b
0622c
さて、将棋。Abeさんの優しい人柄もあって、ゆるりに続けて来てくれる子供達も多い。その中の一人、Hirotakaクン(五年生)と初めて対局したが、負けてしまった。彼の先手棒銀を受け止めきれなかったのだ。どこが悪かったか振り返ったが、感想戦も負けたような気がする、泣。 まだ8級とのことだが、これほど強いと一気に駆け上がるだろう。ネット将棋はやっておらず、学校の先生に教わっているそうだ。「この子強いよ~」とZuさんにも相手してもらったが、彼のセンスの良さに驚いていた。ちょっと楽しみな子を見つけた(ゆるりの写真は撮り忘れた!)。

2024年5月 8日 (水)

ゴールデンウィークの将棋

GWに観光客が大挙やって来る。リゾートホテルにお勤めの棋友は猫の手も借りたいくらい忙しい!と悲鳴を上げていた。シーミーの時期とも重なって北部方面の道路が混むのは必然だが、クルーズ船2隻の入港で那覇の道路も激しい交通渋滞が予想されるそうだ。車で外出するのは億劫になっている。というのも、1週間前に自動車道の料金所に車が突っ込む大事故があって、その影響で大渋滞に巻き込まれた。高速道路で長く辛い時間を過ごしたのだ。

0508a_20240508205501

3日の憲法記念日は、小禄将棋同好会の棋力別リーグ戦に参加。市営住宅の集会場まで歩いて行ける距離なのだ。なじみの顔ぶれ20名ほど集まって大会は盛り上がった。こちらが勝手にライバル視している初段の子に負けたのは悔しい。相居飛車の勝負は彼の銀の使い方がうまかった。中盤の駆け引きをもっと鍛えないといけない。大会が終わって、この日(?)のために北海道から駆けつけたSさんの歓迎会を居酒屋で行った。将棋仲間となら共通の話題で盛り上がるので、楽しい。

0508b_20240508205501

翌日は、ゆるり将棋サロンへ。クルーズ船は前日の夜に出港したようで、那覇の道路は意外と空いていた。Abe氏主宰のゆるりは久しぶりの参加だ。子供達相手に駒落ち将棋を楽しんだ。帰り際に、常連の方に「道場リーグは参加してないのですか?」と訊かれた。「スタートダッシュに失敗するとやる気がでなくてね」と言い訳をすると、「自分はあそこでいくら負けてもかまわない。大会で勝つために真剣勝負をたくさんしたい。時計にも慣れておきたいし」と笑った。以前の俺ならきっと同じように言ったはずだ。上のクラスへ進んで少し慢心しているようだ。この日(?)のために北海道から駆けつけたSさんを誘って、ゆるりメンバーと沖縄料理屋へ。今日はアルコールは止めて、ごちそうに舌鼓を打つ。

0508c_20240508205601

子供の日は宜野湾道場へ。自動車道の北中ICが混まないか気になったが、意外と高速は快適だった。観光客はGW前半に集中したのかもしれない。子供の日なので、お客さんは少なかった。前々日に負けたYuheiクンに再挑戦するが、やられてしまった。道場に通う子に角換わりで挑むのは早すぎるのか。攻め方のレパートリーが少ないので、もっと勉強しないといけない。その後は、格上の方を相手に平手戦を挑む。負けるのは仕方ないが、終わってからが本番だ。感想戦で手の意味や狙い筋を習って、とても勉強になった。

今月は大会がないので、しっかり勉強しよう。角換わりもやって相掛かりもやってと、だいぶ欲張りだが、頑張ろうと思う。

2023年12月 2日 (土)

12月2日のゆるり将棋サロン

明日は那覇マラソン。ゼッケン引き換えの今日は、県立武道館の周辺道路は大混雑だろうと迂回しててぃるるへ向かう。やはりカーナビの渋滞情報も真っ赤だった。

始まって一時間過ぎた頃から参加者も増えて活気が出てきた。将棋を始めたばかりの双子の坊やと二面指しなんてやってみるが、これがなかなか難しい。勝って喜ぶ子供の顔を見ると、こちらまでうれしくなる。

ここ数ヶ月はあまり手伝えてなくて、同じ支部の仲間として席主のAbeさんには申し訳ない。来年はもうちょっと積極的に関わるようにしたい。

1202

 

2023年7月10日 (月)

7月8日のゆるり将棋サロン

蒸し暑くて外出するのが億劫になるが、一ヶ月ぶりにゆるりへ。本日は強い方が手伝いに多く来ていた。有段者を相手に覚え立ての「陽動袖飛車」を鍛えるために指すが「攻め急ぎ過ぎ」とか「無理攻めじゃない?」と、新戦法の評判はあまりよろしくなかった。

調子よく攻めているつもりだったが、ソフトで調べてみると評価値はずっと相手側に振れていた。う~ん、どこかで修正が必要だ。それを研究するのも楽しい。

本日(7/10)からすこやか薬局杯の参加受付が始まる。大会までにこれを必殺戦法に仕上げねば。

0710s

 

2023年5月27日 (土)

5月27日のゆるり将棋サロン

大型の台風2号の影響で風が強くて天気はいまいち。本日のゆるりは、参加者は少なかったが活気は十分だった。同じ相手と戦法を変えたりとか丁寧な感想戦も出来て、有意義な時間を過ごせた。初参加の方からは「とても楽しかったです!」との声を聞けた。

昨晩、連合会のHPでアマ名人戦県予選のアナウンスがされた。7月2日に空手会館で行われるとのこと。まだ一ヶ月あるが、そろそろ本気出して勉強しないと間に合わない。B級の定員は32名だ! 募集人数がちょっと多いと思うが、しっかり準備して臨みたい。

0527

2023年4月30日 (日)

4月29日のゆるり将棋サロン

左手に那覇空港を見ながら、うみそらトンネルを経由してゆるり将棋サロンが開催されるてぃるる会館へ向かうが、さほど交通量は多くない(帰りもスムーズで、連休初日はあまり混雑しなかったようだ)。

0430a

将棋大好きな老若男女が20名を超えてゆるりに集まった。新ライバルに認定したい(!)Kentoクン(小2・3級)と対局。横歩取りから乱戦になるが、読みの量で負けていた。詰むかたちへ誘導されていたような気がする、泣。

腹が減っては戦えないと、サロンを抜け出て昼食へ。注文の品が届くまで詰め将棋。最後の問題を解いて食事を始めたいが、手が止まる。氷も溶けてコーヒーは薄味になったが、具材が詰まったサンドウィッチはうまかった。

0430b

戻ってからKentoクンともう一局。彼が得意な角換わりを受けて立つ。あの手この手とおれもだいぶ頑張ったと思うが、彼の攻めの手筋がうまくて往復ビンタされた。うん、この調子で来週の大会を頑張るように!

不調という感じはしないが何かが足りない。それが何かを知りたくて本日は、宜野湾道場へ行く。

2023年3月19日 (日)

3月18日のゆるり将棋サロン

選抜高校野球が今日から始まった。午後から沖縄チームが登場するので参加者は少ないかなと心配したが、十二畳の和室は大入りになった。みんな野球より将棋が好きなんだ。

四間飛車党だという子を相手に居飛車斜め棒銀でずんずんずん。お約束の△7五歩に▲7八飛と廻らずに高美濃囲いを優先した。これも四間飛車あるあるだ。感想戦で「攻められた筋に飛車を振る」と「五段目に銀を進出させない」ことを熱くレクチャーする。

初心者から有段者まで幅広い棋力の方がやってくるのが、ゆるりなのだ。教えられたり教えたりと今日も楽しく過ごせた。

0319

 

2023年2月 4日 (土)

2月4日のゆるり将棋サロン

1月は行けなかったので、今年はじめてのゆるり。月に2回なので1回ずつ大事に参加したい。まずは1月から参加の先輩と。お孫さんと指したくて習いに来たとのこと。平手を希望したので、待ったありルールで。60歳を過ぎてからはじめても、ちっとも遅くはありません。お互いに頑張りましょう。

次は中飛車の女子と。この娘も強くなったなあ。すぐ取れる駒をあわてて取らないようになった。手番をにぎれず、いいとこなく負け。
今日はたくさん指すのだ。今度は中級くらいの小学生と相掛かり。時計を使わなかったので、しっかり読みを入れて寄せる。もし大会だったら、入玉されてべそかいていたはずだ、汗。この子のおじいさんとも一局。

以降は、今度の大会に向けて獅子王さんと2枚落ちの猛特訓。銀多伝がうろ覚えなので復習しておかないと。4時間将棋漬けで、今日も楽しかった。

0204

 

2022年12月18日 (日)

12月17日のゆるり将棋サロン

寒気の影響で北風が強く吹いた一日。てぃるる会館に早めに着いたが、大ホールでりゅうちぇるの講演会があるということで駐車場は満車。警備員に近くの有料駐車場を案内された。

本日は、初参加の方を含めて10名がゆるりに来てくれた。初戦は、先日の大会のD級で優勝した子(8級・7歳)と。緩めたつもりはないが、彼の棒銀に粉砕される、泣。ブレーキの効かないこども棒銀は危険だ!訊けば、この前、道場で三段のお兄さんにも勝ったそうだ。彼の対局をいくつか見るが、すでに上級者の指し方だ。猛スピードで日々、進化している様子。来年早々に大会で当たるはずなので、ライバル認定しておく。B級軍団の仲間にも通達しておかねば!

今度は久しぶりにやってきたおじいさんと角換わりの将棋。向こうが一枚も二枚も上手で、勝負にならない。まったく手がつくれずに中盤で投了。棋力差を感じたが、もう一勝負!と誘われた。今度は筋違い角を指してきたが、これはきっちりと勝つ、えっへン。

いつもサロンにやってくる子達と楽しむ。新春大会ではお互いに頑張ろうと約束した。夕方5時に解散。年内のゆるりの活動はこれにて終了。席主のAbeさん、一年間、お疲れ様!

Yururi_20221218093701