無料ブログはココログ

研究会

2022年6月30日 (木)

VS72

先週は夕方に用事ができてVSはお休み。今回、Tパパは外出先からスマホで付き合ってくれた。

おれの居飛車に向かい飛車で対抗。角交換して△2八角打ちされたが、▲3四歩を打てばこちらが断然、有利だろうからと、あわてない。

Vs72a

(△2八角)▲3六飛に△1九角成だろう。だが、予想外の△4六歩に長考。筋っぽい手に見えるが、何を狙っているのだろう、分からない。

Vs72b
この歩を取れるか!と言われたらからには、取ってみたい。なので▲同歩。そして△1九角成▲3四歩△1八馬▲3五飛に△4四銀を打たれた。

Vs72c

やるじゃん! しばらく飛車は追われたが、馬と交換する。後手の飛車がしばらく働かないので、まだ怖くない。

Tパパの強気の攻めは続くが、寄せをしのいで入玉できそう。だが、この局面なら詰ませられるんじゃないか、やってみなよと悪魔が囁き、▲1一飛を下ろす。手の流れからこれは危なかったかな。ここで指すべきだった一手は?

Vs72d


解答は▲2三馬。玉を逃がしていたのに、突然、攻めに転じてはだめだ。「もうあなたに勝ちはない」と、友達をなくす将棋に徹しなければいけなかった。Tパパはあわてて、二歩してしまう(スマホなので仕方ないか)。

だが、友達をなくすわけにはいかないよね~ということで、また来週。

2022年6月12日 (日)

VS71

7月3日のアマ名人戦県大会は代表選抜とS級(三段以上)で行うとアナウンスされた。
我らB級戦士は出番なし。来るべき日に備えて勉強を続けよう。

先週のVSは、久しぶりに将棋の強い方が感想戦に参加してくれた。今回は相居飛車。序盤の駒組みが変だが、独創的ということでいいでしょうと、笑。しかし、序盤~中盤の緩手が多いと指摘された。我らの棋力ではそこら辺に気付かない。

やがてTパパは飛車を縦横無尽に振り回して暴れてくる。結果、玉の守りをバラバラにされた。桂馬を跳ねたくて▲4五歩。Tパパは△8六歩としたが、実はチャンスを見逃していたそうだ。後手が有利になる次の一手は?

Vs71a

解答は△4六銀。指摘されて、気付く一手。8筋の仕掛けを考えていたので、この手に気付かなかったそうだ。4六銀はいわゆるB面攻撃。(△4六銀)▲4八角△5七歩▲同金△同銀不成▲同角△4七金と進むと、先手は厳しい。

終盤戦において、Tパパの△4八金~△4七龍で負けてしまうと焦って、王様を逃がした(実は、▲4三角から後手玉は詰むそうだ)。ここでは王様を逃げずに受けることも考えれば良かった。心に余裕があるあなたの一手は?

Vs71b

解答は▲5七金。これも指摘されれば、気付く一手か。この手でTパパの攻めは切れる。後はじっくりと仕留めればよかった。

二人だけの感想戦では気付かない手筋や構想を学べた。2時間も付き合って頂き、感謝するばかり。どうもありがとうございました!

 

2022年5月24日 (火)

VS70

70回目の勝負はTパパの向かい飛車に居飛車で挑むが、負けた。詰むや詰まざるやの大熱戦だったね!と終局直後の二人は興奮していた。ここでは詰みはないと感想戦で結論したが、皆さんの読みはどうだろう?(先手に角を渡せば、▲3一角でゲームセット)。

Vs70

激指先生に教えを乞うたら、△2八銀不成(!)▲同玉△3八馬▲同銀△3六桂▲1七玉△2八銀▲2六玉△3七銀不成(!)▲同玉△4八飛成▲2六玉△2五金▲1七玉△2六金打▲同歩△同金▲同玉△2五金▲1七玉△2六金▲1八玉▲3八龍△合駒▲同龍までの25手詰めとのこと。

初手の△2八銀不成(!)で唸ってしまう。指せるわけない!だが、ちょっと視点を変える寄せ手順を鑑賞できたことが、この日の収穫かな。

 

さて、ここでTパパからお知らせ。

 ◎大人の土曜トーナメント

日にち:5月28日(土曜日)午後5時半~

場所:宜野湾将棋道場

料金:席料のみ

発起人のTパパによると、現在、6名が参加するそうです。ご関心ある方は道場へお問い合わせ下さい。ぷりうすも出場します!(道場スケジュール表では、この日はお休みになっていますが、テストケースで了解頂いているそうです)

2022年5月 8日 (日)

VS69

ゴールデンウィークも間もなく終わる。今年は将棋三昧で過ごせた。本日はVS、明日は道場で順位戦だ。連勝で締めくくれるよう頑張りたい。

マイブームは極限早繰り銀。短手数で勝てる破壊力抜群の戦法だ。大会ではなるべく持久戦にしたくない。持ち時間10分以内でケリをつけたい。30秒の秒読みになるとあわててばかり、汗。

今回は相居飛車。27手目に▲3五歩と仕掛ける。

Vs69a

Tパパ△同歩か△4五歩で悩んだそうだ。飛車の横効きがあるので△同歩としたが、▲7七桂と跳ねるのが、絶品だ。また△4五歩とされたら、▲3三角成△同桂▲3四歩△同銀▲7七桂△8二飛▲5五銀~▲6六角までは用意の手順だった。

勉強した通りに進まないのが、将棋の難しいところ。だが、攻め将棋のTパパがしばらく守勢にまわっているので、気持ちは楽だ。ここでクエスチョン。ぷりうすの会心の次の一手は?

Vs69b

答えは▲7四桂。(▲7四桂)△9二飛▲6二桂成△同飛と進んで、8筋にいた飛車を隠居させることに成功。Tパパは粘り強く防御に徹するが、とうとう勝てた。60分を越えた激闘を制することが出来てうれしい。

明日の道場での最終局はTパパが相手だ。お互い順位的には消化試合に過ぎないが、頑張りたい。

2022年5月 2日 (月)

VS68~ゆるり将棋会のお手伝い

Tパパの大阪しょうぎに粉砕された翌日なので、目覚めが良くない。穴熊退治もはやく勉強しないと焦るばかり。連休2日目の午前は将棋講座5月号を読む。特集は旧式相掛かり。昭和のはじめに指されていた形も興味深い。

午後1時からVS。今日のTパパは、居玉のまま左銀が角頭めざして猛ダッシュ。これが大阪しょうぎのバリエーションなのかとおののくばかり。

Vs68a

この局面ですでに後手有利。▲5五角と逃げて、「△4五歩を突け!」とフォースを飛ばす。念力が通じて角道が開いた。角が捌けて一息つけた(△8七銀成なら投了級のダメージだった!)。

まだまだ後手は有利だが、だんだんTパパも攻めあぐねてきた。ここまで進めば簡単にはつぶれないだろう(激指先生によると先手優勢のことだが、対局中にそんな余裕はなかった)。

Vs68b

しばらく受け続けるが、Tパパの攻めは息切れ。とうとう待望の手番が回ってきた。昨日の借りを返せてニンマリ。

将棋の勉強を続けようとして、支部のLineに気付く。ゆるり将棋会から応援依頼のメッセージだった。ゴールデンウィークなので、本日はお客さんが多いとのこと。急いで出発。支部のメンバーも来ており、皆で子供達を相手に夕方まで過ごす。趣味に没頭する一日も良いものだと思った。

Yururi_20220502091901

2022年3月23日 (水)

VS64

一昨日のVS。Tパパの三間飛車に居飛車穴熊で対抗。先手の4筋への飛車の振り直しには、しっかり△5三銀と受けるべきだった。対振り持久戦を選んだからには、じっくりと指すのが当然。だが、7五の歩が浮いていたので、これをかすめ取りたくなった。

Vs64a

なので△5三銀とせず△4二角と引く。そして開戦。▲4五歩△同歩▲同銀△7五角▲5八金(!)△8六歩▲同歩まで進み、飛車が成れないことに慌てる。

Vs64b

▲5八金のところは▲6八金と指すものだとを予想していたので、飛車は成り込めると読んでいた。そして緊急手段発令!と、△3三桂と跳ねて4五の銀取り。次の一手が本日の勝負どころだったか。先手が有利になる次の一手は?

Vs64c

正解は▲4四歩。(▲4四歩)△4二金▲5四銀と進めば先手は指しやすい。だがTパパは飛成を優先して、▲3四銀と捨てたので、後手が有利になった。

Vs64d

こう進めば、後手が勝ちやすいだろう。結果、Tパパは焦って次の手をミスして終わった。
4図で▲5四龍と引かれると、まだ難しいかなと感想戦をしていると、将棋の強い方がやってきた。検討したのは△4四歩や△3三歩、△3五金(!)の変化。
連敗を2で止めて、ほっとした。ということで、また週末に!

2022年3月18日 (金)

VS63

3回目の副反応はきつかった。これで発症予防効果が高まって、一安心。今度の日曜日(3/20)は支部対抗戦の県予選。我ら琉球支部もエントリーしようと最強メンバーへ声を掛けたのだが、次々と辞退されてしまった。ならばと、支部長みずから出陣すべく、改めて同志を募ってチームを編成した。

支部対抗戦は、同じ支部のチームメイト3人で戦う団体戦。県内の各支部から8チームが出場するが、どこも強豪を揃えたようだ。普段なら駒落ちで教わる立場になるが、今回は平手戦。気持ちだけは負けないように立ち向かっていきたい。

先々週のVS。こちらにうっかりミスが出て、あえなく撃沈。中盤の緊張感あふれる勝負所を台無しにして、Tパパには申し訳なかった。これで2連敗なので、次は頑張ろう。

2022年3月 6日 (日)

VS62

寒さもゆるみ陽射しがまぶしい。ホームセンターで花の苗や肥料を買う。休日は庭の手入れをして過ごした。

4連勝がかかった先週のVSは、大優勢から逆戦されて負けた。不甲斐ない内容だった。
相懸かりの将棋。Tパパのポカが出て、ここから一気に決めちゃうよ~とパソコンのモニター画面に顔をぐっと近づける。鼻息も荒かったに違いない、汗。

Vs62

ここは詰みまでありそうだと、読みを入れたのが間違いの元だった。藤井竜王みたいにかっこよくいこう!と出来もしないのに調子に乗りすぎてしまった(3連勝中だったので)。

▲5一角△4一玉▲3三歩△同桂▲3一龍△同玉▲4二銀△2一玉▲3一金△1二玉▲3二金まで進んで、えーっとこのときの持ち駒は何だっけ?と分からなくなった。結局、読みを断念する。残り時間が少なくなっているのに慌てて、結局、▲2六龍と引いてしまった。

上図では、焦らずに▲1一龍とゆっくり指してもよかった。現局面では自玉が安全なので、着実な攻めで間に合うはずだった、泣。
しばらくして秒読みが始まり、指し手がだんだん乱れてしまった。攻めがちぐはぐになってしまい、後手玉を逃がしてしまった!

連勝を意識していたので、派手な手順で勝って、ドヤ顔したかったんだ。優勢なときほど丁寧に慎重に指す。これ将棋の基本なり。ということで、また来週!


2022年2月13日 (日)

VS60

昨夜は相矢倉の戦い。いつものようなせっかちな仕掛けにならないよう自重して駒を動かす。勝負のポイントはここかと思うのだが。Tパパの△6六歩は次の△6七銀が狙いだろう。さて、どう受けるか?

Vs60a

指したのは▲4四角。▲7一角成と▲6六角で歩を払う両狙いだ。後手は角成許すまじと△5三金と上がったので、拠点の歩を払えた。これでしばらくはTパパの激しい攻めはこないだろう(*激指先生は、ここでは△6四角を推奨、汗)。

押したり引いたりが続いたが、やがて駒得が大きくなった。形勢不利を悟ったパパは大暴れしてくる。桂馬の連打だ。どこにどの駒が効いているのか分からなくなったが、とうとうターンが回ってきた。

Vs60b

5手詰めで仕留めて勝ち。3連勝するなんて信じられない。なんていい気分なんだろう。
夕べは心地よく眠れて、今朝は快調にウォーキングできた。

2022年2月10日 (木)

VS59

先週の日曜日に石垣島の将棋道場、八将館が主催するオンライン将棋大会が開催された。
地元だけでなく本島や県外からの参加も多く、にぎやかに行われた(YouTubeで配信)。優勝賞品に惹かれて、我らがTパパも参加。善戦むなしく決勝戦へ進出できず、残念(強い人がたくさんいたなあ)。

午後1時から4時までの間に5試合をこなし、夜のVSはキャンセルするだろうと思っていたが、時間通りにやって来た!

本日も角換わり。冴えない手が多くて、いつものTパパらしくない。終盤の入り口あたりで二歩の反則をして、終わった。
「申し訳ない。もう一局!」とあわてて電話がかかってきたが、「お疲れのようなので止めましょう」と終了。どんだけ将棋が好きなおじさんなんだ!と苦笑い。

 

 

より以前の記事一覧