研究会

2022年8月31日 (水)

VS78と79と台風

VS78は反則勝ち。先週のVS79は、Tパパの四間飛車に居飛車エルモ囲いなんてやってみたのだが、うろ覚えでは勝てないのは当たり前(金は5一にいなければいけなかった、汗)。

Vs79

4回目ワクチンの副反応なのか、調子がいまひとつすぐれない状態が続いていたので、ブログの更新も止まっていたが、やっと本調子になった。2日連続の温泉通いで、汗をいっぱいかいたのが良かったようだ(体内にこもっていた熱が抜けた感じ)。

日曜日に支部の勉強会を予定しており、台風11号の迷走ぶりが気になる。本島付近にしばらくとどまって、影響が長引くようで心配だ。念のため翌週も会場を予約しておいた。

2022年8月 6日 (土)

VS76と77

暑い日が続いてお互いに集中力が低下しているようだ。先週はTパパ、今週はぷりうすというふうに、双方が2歩の反則で終わるという、さえない研究会だった。

Vs76
Vs77

50手目あたりで気が散って熱戦を台無しにしている。これは夏バテだ。「夏バテの強い味方」は何かなとググると、黒糖と出てきた。ミネラルを意識的に摂ることが大切とのこと。

Syotilyuu

2022年7月30日 (土)

VS74と75

感染拡大が止まらない。病院や検査センター、保健所が逼迫している。自分の身は自分で守る。しばらく人混みに近づかないよう努める。

先々週のVSは三間飛車と居飛車の戦い。▲5三歩と打たれて焦る。振り返ると、この局面は後手優勢。△2二飛と逃げれば、これ以上の攻めはしばらく来ないので、なんでもなかった(相手の持ち駒をちゃんと見よう)。ここをしのげばターンが回ってくるが、気付かず負け。

Vs74

連合会のHPにねんりんピック県予選会が案内された。来年10月に愛媛で行われる派遣選手の選考会。将棋の会場は南部の愛南町で、自然に囲まれた漁業の町のよう。選手になった気分で観光案内を調べているのは気が早いか、汗。


先週のVSも居飛車と三間飛車の戦いになったが、先後は逆。この日はちょっと神がかっていたようで、久しぶりの快勝譜。評価値グラフは藤井曲線(?)のようだ。

Vs75g

感想戦で将棋の強い方から「全軍躍動してます!」と褒めてもらえた。こういう勝ち方が出来るようになったのは、うれしい。

Vs75

ねんりんピックに出場する先輩方は、ほとんどが有段者。代表になるのは厳しいが、あと2ヶ月もあるので精進するのみ!

2022年7月16日 (土)

VS73

すこやか薬局杯が延期になった。久しぶりの出場に燃えていたが、感染拡大がこれだけ進めば仕方ないか。来るべき日のために勉強を続けよう。

B級ライバルのOneさんに勝てない。彼の得意戦法は四間飛車。居飛車の作戦をいろいろ試すが、彼の技のレパートリーが広くて、うまくいかない。
先日、そのOneさんの対局を観戦してると、どうも相振りが苦手そうなことに気付いた。勝利の糸口はそこにありそうだ。ということで、寝る前に「女流棋士の相振り飛車」を読むことを日課にしている。相振りの独特の感覚を養っておく。

Aihuri

ということを踏まえて、今回のVSは相振り飛車でいく。テーマを持って探求することが大切だ。▲7六歩△5四歩▲7八飛△5二飛で、三間飛車と中飛車の戦い。穴熊に組んだTパパに、こちらは美濃囲い。将来の縦の攻撃を想定して、歩を貯めにいく。
双方、攻めの形をつくれずに苦労するが、ついに8筋を食い破ることに成功した。

Vs73

9一にいた王様を3四まで追いつめて詰ませたのはご愛敬、笑。

感想戦で将棋の強い方から、序盤の構想や相振り独特の手筋を教わった。相振りも楽しい。

2022年6月30日 (木)

VS72

先週は夕方に用事ができてVSはお休み。今回、Tパパは外出先からスマホで付き合ってくれた。

おれの居飛車に向かい飛車で対抗。角交換して△2八角打ちされたが、▲3四歩を打てばこちらが断然、有利だろうからと、あわてない。

Vs72a

(△2八角)▲3六飛に△1九角成だろう。だが、予想外の△4六歩に長考。筋っぽい手に見えるが、何を狙っているのだろう、分からない。

Vs72b
この歩を取れるか!と言われたらからには、取ってみたい。なので▲同歩。そして△1九角成▲3四歩△1八馬▲3五飛に△4四銀を打たれた。

Vs72c

やるじゃん! しばらく飛車は追われたが、馬と交換する。後手の飛車がしばらく働かないので、まだ怖くない。

Tパパの強気の攻めは続くが、寄せをしのいで入玉できそう。だが、この局面なら詰ませられるんじゃないか、やってみなよと悪魔が囁き、▲1一飛を下ろす。手の流れからこれは危なかったかな。ここで指すべきだった一手は?

Vs72d


解答は▲2三馬。玉を逃がしていたのに、突然、攻めに転じてはだめだ。「もうあなたに勝ちはない」と、友達をなくす将棋に徹しなければいけなかった。Tパパはあわてて、二歩してしまう(スマホなので仕方ないか)。

だが、友達をなくすわけにはいかないよね~ということで、また来週。

2022年6月12日 (日)

VS71

7月3日のアマ名人戦県大会は代表選抜とS級(三段以上)で行うとアナウンスされた。
我らB級戦士は出番なし。来るべき日に備えて勉強を続けよう。

先週のVSは、久しぶりに将棋の強い方が感想戦に参加してくれた。今回は相居飛車。序盤の駒組みが変だが、独創的ということでいいでしょうと、笑。しかし、序盤~中盤の緩手が多いと指摘された。我らの棋力ではそこら辺に気付かない。

やがてTパパは飛車を縦横無尽に振り回して暴れてくる。結果、玉の守りをバラバラにされた。桂馬を跳ねたくて▲4五歩。Tパパは△8六歩としたが、実はチャンスを見逃していたそうだ。後手が有利になる次の一手は?

Vs71a

解答は△4六銀。指摘されて、気付く一手。8筋の仕掛けを考えていたので、この手に気付かなかったそうだ。4六銀はいわゆるB面攻撃。(△4六銀)▲4八角△5七歩▲同金△同銀不成▲同角△4七金と進むと、先手は厳しい。

終盤戦において、Tパパの△4八金~△4七龍で負けてしまうと焦って、王様を逃がした(実は、▲4三角から後手玉は詰むそうだ)。ここでは王様を逃げずに受けることも考えれば良かった。心に余裕があるあなたの一手は?

Vs71b

解答は▲5七金。これも指摘されれば、気付く一手か。この手でTパパの攻めは切れる。後はじっくりと仕留めればよかった。

二人だけの感想戦では気付かない手筋や構想を学べた。2時間も付き合って頂き、感謝するばかり。どうもありがとうございました!

 

2022年5月24日 (火)

VS70

70回目の勝負はTパパの向かい飛車に居飛車で挑むが、負けた。詰むや詰まざるやの大熱戦だったね!と終局直後の二人は興奮していた。ここでは詰みはないと感想戦で結論したが、皆さんの読みはどうだろう?(先手に角を渡せば、▲3一角でゲームセット)。

Vs70

激指先生に教えを乞うたら、△2八銀不成(!)▲同玉△3八馬▲同銀△3六桂▲1七玉△2八銀▲2六玉△3七銀不成(!)▲同玉△4八飛成▲2六玉△2五金▲1七玉△2六金打▲同歩△同金▲同玉△2五金▲1七玉△2六金▲1八玉▲3八龍△合駒▲同龍までの25手詰めとのこと。

初手の△2八銀不成(!)で唸ってしまう。指せるわけない!だが、ちょっと視点を変える寄せ手順を鑑賞できたことが、この日の収穫かな。

 

さて、ここでTパパからお知らせ。

 ◎大人の土曜トーナメント

日にち:5月28日(土曜日)午後5時半~

場所:宜野湾将棋道場

料金:席料のみ

発起人のTパパによると、現在、6名が参加するそうです。ご関心ある方は道場へお問い合わせ下さい。ぷりうすも出場します!(道場スケジュール表では、この日はお休みになっていますが、テストケースで了解頂いているそうです)

2022年5月 8日 (日)

VS69

ゴールデンウィークも間もなく終わる。今年は将棋三昧で過ごせた。本日はVS、明日は道場で順位戦だ。連勝で締めくくれるよう頑張りたい。

マイブームは極限早繰り銀。短手数で勝てる破壊力抜群の戦法だ。大会ではなるべく持久戦にしたくない。持ち時間10分以内でケリをつけたい。30秒の秒読みになるとあわててばかり、汗。

今回は相居飛車。27手目に▲3五歩と仕掛ける。

Vs69a

Tパパ△同歩か△4五歩で悩んだそうだ。飛車の横効きがあるので△同歩としたが、▲7七桂と跳ねるのが、絶品だ。また△4五歩とされたら、▲3三角成△同桂▲3四歩△同銀▲7七桂△8二飛▲5五銀~▲6六角までは用意の手順だった。

勉強した通りに進まないのが、将棋の難しいところ。だが、攻め将棋のTパパがしばらく守勢にまわっているので、気持ちは楽だ。ここでクエスチョン。ぷりうすの会心の次の一手は?

Vs69b

答えは▲7四桂。(▲7四桂)△9二飛▲6二桂成△同飛と進んで、8筋にいた飛車を隠居させることに成功。Tパパは粘り強く防御に徹するが、とうとう勝てた。60分を越えた激闘を制することが出来てうれしい。

明日の道場での最終局はTパパが相手だ。お互い順位的には消化試合に過ぎないが、頑張りたい。

2022年5月 2日 (月)

VS68~ゆるり将棋会のお手伝い

Tパパの大阪しょうぎに粉砕された翌日なので、目覚めが良くない。穴熊退治もはやく勉強しないと焦るばかり。連休2日目の午前は将棋講座5月号を読む。特集は旧式相掛かり。昭和のはじめに指されていた形も興味深い。

午後1時からVS。今日のTパパは、居玉のまま左銀が角頭めざして猛ダッシュ。これが大阪しょうぎのバリエーションなのかとおののくばかり。

Vs68a

この局面ですでに後手有利。▲5五角と逃げて、「△4五歩を突け!」とフォースを飛ばす。念力が通じて角道が開いた。角が捌けて一息つけた(△8七銀成なら投了級のダメージだった!)。

まだまだ後手は有利だが、だんだんTパパも攻めあぐねてきた。ここまで進めば簡単にはつぶれないだろう(激指先生によると先手優勢のことだが、対局中にそんな余裕はなかった)。

Vs68b

しばらく受け続けるが、Tパパの攻めは息切れ。とうとう待望の手番が回ってきた。昨日の借りを返せてニンマリ。

将棋の勉強を続けようとして、支部のLineに気付く。ゆるり将棋会から応援依頼のメッセージだった。ゴールデンウィークなので、本日はお客さんが多いとのこと。急いで出発。支部のメンバーも来ており、皆で子供達を相手に夕方まで過ごす。趣味に没頭する一日も良いものだと思った。

Yururi_20220502091901

2022年3月23日 (水)

VS64

一昨日のVS。Tパパの三間飛車に居飛車穴熊で対抗。先手の4筋への飛車の振り直しには、しっかり△5三銀と受けるべきだった。対振り持久戦を選んだからには、じっくりと指すのが当然。だが、7五の歩が浮いていたので、これをかすめ取りたくなった。

Vs64a

なので△5三銀とせず△4二角と引く。そして開戦。▲4五歩△同歩▲同銀△7五角▲5八金(!)△8六歩▲同歩まで進み、飛車が成れないことに慌てる。

Vs64b

▲5八金のところは▲6八金と指すものだとを予想していたので、飛車は成り込めると読んでいた。そして緊急手段発令!と、△3三桂と跳ねて4五の銀取り。次の一手が本日の勝負どころだったか。先手が有利になる次の一手は?

Vs64c

正解は▲4四歩。(▲4四歩)△4二金▲5四銀と進めば先手は指しやすい。だがTパパは飛成を優先して、▲3四銀と捨てたので、後手が有利になった。

Vs64d

こう進めば、後手が勝ちやすいだろう。結果、Tパパは焦って次の手をミスして終わった。
4図で▲5四龍と引かれると、まだ難しいかなと感想戦をしていると、将棋の強い方がやってきた。検討したのは△4四歩や△3三歩、△3五金(!)の変化。
連敗を2で止めて、ほっとした。ということで、また週末に!

より以前の記事一覧