温泉

2022年9月29日 (木)

たまには温泉8


Aroma01

とても久しぶりに宜野湾市の天然温泉アロマへ。
ここは、25年ほど前にJA宜野湾(現在は別の会社が運営)が開業したと記憶する。レストランも併設された複合型の温泉施設は沖縄ではまだ珍しかったので、独身時代(!)はよく通ったものだ。建物も施設も当時とあまり変わってなくて、懐かしい。

Aroma02

浴槽の種類はいくつかあるが、温泉水が使用されているのは、露天風呂と大浴槽のみとのこと。地下1300mから源泉をくみ上げているそうだ。浴槽からお湯がオーバーフローしていないので、循環式のよう。湯触りはぬるぬる感じで、心地よい。

身も心もすっきりして帰路につくが、途中で事故のために大渋滞に巻き込まれてしまった、泣。

2022年9月 7日 (水)

たまには温泉7

台風一過。日差しは強いがからっと晴れて風が心地よい。本日は、那覇の国際通りに近い那覇セントラルホテルの併設施設のりっかりっか湯へ。

Onsen07a

こちらは温泉というより健康ランドに近いかな。寝湯や水湯、ジェットバスなどお風呂の種類もいろいろあって楽しめる。一番奥の浴槽(だけ)が天然温泉で、塩化物泉とのこと。源泉を加温して循環ろ過しているそうだ。

りっかりっか湯にはおよそ15年ぶりの再訪だ。だいぶ古くなったかなと想像していたが、浴室のタイルは張り替えられてきれいだった。温泉のほうは当時のままのようで、温泉成分でだいぶ黒ずんでいるが、これがかえって温泉らしくていい感じ。平日のお昼前の空いている時間帯だったので、貸し切りで利用出来たのは、ラッキー。

ひとっ風呂浴びて軽食コーナーでランチ。台湾まぜそばを注文する。さりげなく将棋本をそばに置いて写真を撮るのが、このブログならでは、笑。

Onsen07b

2022年8月11日 (木)

たまには温泉・番外

楽しみにしていたしんぶん赤旗大会が延期になった。第7波のまっただ中なのでやむを得ない。久しぶりのB級戦ということで、気合いが入っていたんだけど(その日に備えて、4回目のワクチン接種の予約もいれていた)。

次の「たまには温泉」は、北谷町にあるリゾートホテルを予定しているが、ふだんからあそこは観光客が多いし、ただいま夏休みということもあり、出掛けるのはしばらく無理そうだ。
なら、近所の温泉はどうかと電話するが、おかげさまで宿泊客で混み気味とのことだった。
ワクチンで補強するまで、おとなしくしておくほうが無難だろう。

この暑さでげっそりしてしまう。整えたい。ということで、買ってきました入浴剤「日本の名湯」。温泉の素が10種類も入っている。しばらくはこれで楽しむ。

Onsen-no-moto

2022年7月 6日 (水)

たまには温泉6

県内の温泉すべて制覇することを目指したこの企画、ついに最難関を攻略した。 それが、ルネッサンスリゾート・オキナワの山田温泉。

Onsen6b

山田温泉の「山田」はここの地名。以前は温泉旅館だったそうだが、バブル期にリゾートホテルに代わり、家族で何度か宿泊したことがある。今回、20年ぶりの再訪だ。数年前にホテルはリニューアルされて、温泉施設は宿泊客(だいぶハードルが高い!)しか利用できないようになっている。

今年も残すところあと半年。前半はちょっと頑張ったので、自分へのご褒美として奮発したのだ。

夏休みが始まらないこの時期は、まだ学校に通わない子育てファミリーが多かった。ビーチの賑わいと対照的に風呂場は静か。単純硫黄温泉と案内されているが、無味無臭。お湯は加温しているそうだ。

お湯に浸かりながら、窓の向こうの海を眺めてぼーっと過ごした。後半戦も頑張ろうと思う。

Onsen6a

2022年6月 2日 (木)

たまには温泉5

今年の梅雨は、平年の3倍の雨量とのこと。湿度が高くて、体調がいまいちすぐれない。こんな日は、ととのえに行かねば。シリーズ第5弾は、今年の2月にオープンしたSANSUI NAHAホテルの「琉球温泉波の上」へ。辻町にリゾートホテルが出来ていたとは知らなかった。

Onsen1_20220602192601

ホテルのチェックイン(=午後3時)がまだ始まらない時間帯なら空いているだろうと、午後2時に入ったら、おれの貸し切り状態だった。

Onsen2_20220602192601

地下500mから湧き出る湯は無色透明。舐めるとちょっとだけ塩辛い。成分表に(低温泉)とあったので、お湯は適温に加熱しているだろうが、心地よい。新しいホテルなので、サウナも浴場もきれいで清潔だ。2階にある露天風呂で、雨粒が顔にポツポツ当たるのを感じながらお湯に浸かる。すっかり疲れも取れたので、今夜は気持ちよく眠れるだろう。

 

2021年2月27日 (土)

たまには温泉4

時折雨も降って湿度が高い一日。肩が凝って辛いので、マッサージを受けながら温泉へ。スポーツジムの3階にある「浦添の湯」。施設はだいぶ古いが、お湯は最高だ。およそ800万年前の地殻変動によりとじこめられた熱い海水を楽しめる。源泉掛け流しで加水・加温なしの天然温泉。硬くなった筋肉をお湯でほぐしてから、受けるマッサージは心地ち良い。

Urasoenoyu

 

先日、59回目の誕生日を迎えた。年を取ることはあまりうれしくないので、目出度い気分にはなれなかった。しかし、この考えは違うととある方に指摘された。「これから迎える誕生日は、大病を患わず事故にも遭わず、無事に過ごせた一年であったと感謝する日にしたらいい」と。

来年から将棋大会はシニア部門へ出場だ。一般部門で全国大会に行くのは夢のまた夢だが、シニア部門なら可能性はなきにしもあらず(と信じたい)。健康に気を付けながら将棋を頑張っていこうと思う。

 

2021年2月18日 (木)

たまには温泉3

Onsen1

 

寒気の影響で冷え込む一日。鹿児島では雪も降ったそうだ。北風も強く、これくらい寒いと出掛けるのも億劫になるが、こんな日こそ温泉だ。自宅から車で30分の南城市佐敷にある「猿人の湯」へ。濾過・加水・加熱は一切してない源泉かけ流し。お湯は「黄金色」と評判だ。うっすら鉄分と塩の匂いがする。湯質は肌になじんで保湿効果も高そう。近くにあれば毎週でも通いたい。

 

Onsen2

 

Tパパから今度のVSは、相居飛車をやろうと提案あり。その準備のために本棚を探す。振り飛車の本はたくさんあるが、居飛車の基本書が見つからない。これまで振り飛車一筋でやってきたので、これは困った。過去のNHKテキストを引っ張り出して、井上慶太先生が講師を務めた「居飛車はおもしろい」(2013年下半期連載)を見つけた。指さないからと居飛車の本は素通りしていたが、どうも間違っていたようだ。居飛車の手筋を知ることで、振り飛車でも攻めの幅が広がっていくように思う(いまさらだけど、汗)。

横歩は取らない。相掛りで勝負だ。

 

 

2020年11月12日 (木)

たまには温泉2

先日は、那覇のロワジール・スパタワーへ。ここも源泉掛け流しの天然温泉だ。平日のお昼前はだいぶ空いており、露天風呂を独り占めできた。手足を伸ばして湯船に浸かる。雲がただ流れていくのを眺めるのは、ほんとうに癒される。

Spa1
Spa2
Spa3

 

一風呂浴びて、お土産にケーキを買って帰るつもりだったが、ショーケースには何もなかった。GoToキャンペーンで徐々に客足は回復していると思っていたが、以前のような活気にはまだ遠い。ランチの時間帯だったが、レストランも閑散としていた。

昨日はコロナウイルスの感染再拡大を受けて「第3波と考えていてもいい」と医師会会長の会見あり。当分、収まりそうにない。連合会のHPで年末将棋大会と新春将棋大会の中止を知る。残念だが、時期的にも仕方ないか。

本日は夕方にインフルエンザの予防接種を受ける予定。

 

 

2020年10月 1日 (木)

たまには温泉

自宅から車で15分の瀬長島ホテルの天然温泉へ。平日午前の空いてる時間帯の露天風呂なので、大丈夫でしょう。コロナを必要以上に怖がらず、正しい知識と情報で対策に努めるよう心掛けたい。いまだ流行期。用心するに越したことはないが、自宅で過ごす時間が長くなるとストレスで押しつぶされそうになってしまう。

Senaga1

 

Senaga2

 

寝湯に浸かって秋の空を見上げる。心地よい海風に当たりながら、しばしリラックス。ああ、来て良かった。

 

Senaga3

 

日曜日に「24しませんか」とTパパからお誘いあり。先日の「全国支部オンライン将棋大会」でのTパパの上達ぶりには目を見張るものがあった。そのときから、こちらも将棋の勉強に熱が入っているのだ。「夜9時によろしく」と返信。

一局目は相振り飛車。端攻めを狙って持ち歩を補充しておく途中で、いきなり仕掛けられた。無理気味だと思っていた相手の攻めがつながってしまい、つぶされて負け。攻めを受け流して、左に逃げればなんでもなかった。
二局目も相振り飛車。お互いに手をつくれずに膠着模様。とうとう相手陣地に馬をつくって形勢が良くなった途端、Tパパの接続切れ。これ、勝ちでいいよね。

1勝1敗の引き分け。感想戦のあとに、定期的にネットでお父さん方の研究会(!)を始めたいねと相談など。新しい楽しみが始まりそうな予感。

Tパパと終わったあとに、物足りなくなって24でもう一局。攻め好きな方に当たり、きっちり受けきって勝ち。相手の攻めを切らして勝てることが出来て満足。